090-1961-5372

ブログBlog

Blog

090-1961-5372

営業時間

平日9:00~21:00
土日祝9:00~20:00

定休日

不定休

Home > ブログ > 新部門作りました

ブログ

新部門作りました

開業以来使用してきた「関節強化塾」という名称ですが、できることが関節に関係したことにとどまらなくなったため、別ブランドを立ち上げました。

名称を

はるのひかり神経整体

とします。

神経にアプローチすることで、内臓や骨の問題までアプローチ可能になりました。
とは言え、1度で全て解決できるような話ではありません。

そして、このブランドを立ち上げるにあたり、色々な失敗と、向かいたい方向を見直すことになり、思い出したことがあります。

目次

痛みがなくなることが治っているわけではないこと

これは常に言ってきたことですが、改めて自分がこれを最初に認識したと思われる出来事が思い出されました。
それは、高校時代に腰痛で苦しみ、知り合いの理学療法士に一瞬で痛みを取ってもらいながら、数年後にはその時以上の痛みに襲われ、今度はその理学療法士でもほとんど症状を変えることができなかったほど腰が悪くなっていた、というものです。

正確に言うと、腰に痛みを出さないように周囲の筋肉が頑張り過ぎてカチカチになっており、どうにもごまかしきれなくなって腰に症状がでたら、もうちょっとやそっとではどうにもならないレベルになっていた、ということです。

痛みが消えるだけで治ったと考えるのは非常に危険なことです。

自分で治すことの罠

私が整体院ではなく、塾にした理由として、身体に関する知識を得てもらい、自分で身体をケアできるようになってもらいたい、という願いがありました。

自分の身体は自分にしか治せない。施術者はその手助けをするのが仕事。

ずっとそう言ってきましたし、その考え自体は今も変わりません。

ところが、塾生が自分で完全に管理できるようになる前にその責任を渡してしまうと、ケアする運動をしても効果が無い、または逆効果になって悪化するという事態を引き起こします。

うぬぼれ

自己管理で失敗することのひとつに、うぬぼれがあります。
自分はできている、と信じて疑わないので、チェックしてもらうことすらしないのです。

これは塾生や患者さんに限ったことではありません。施術者も同様です。

習った技術の卒後セミナーで会ったとあるゴッドハンドは、
「○○やったらせっかく良くなってた人が悪くなったんですよ」
と言っておきながら、○○のやり方をそもそも憶えていなかったのです。
まあ、自分の技術でゴッドハンドと言われるくらいだからトータルでは良くさせているんでしょうが、こと○○に関しては、憶えていないものを使って「○○やった」とか言っているので、何にもわかっていなかったんでしょう。

同様に、運動指導はどれだけ丁寧に指導して、教えた直後は完璧にできていても、次回来た時はまず間違いなく、やり方を間違えています。
これに関してはもうそういうものだと認識していますし、そもそもそれを習っているプロでさえ、ちゃんとできていない人がゴロゴロいます。ですので、繰り返して指導しないといけないのは織り込み済みですし、効果が出なかったり、症状が悪くなる場合は止めるようにということも口を酸っぱくして伝えているのですが、これを守る人がほとんどいません。
そして、そういう人ほど「自分はできている」と思っているのです。

混ぜるな危険

もうひとつ、自己管理で危険なのは、別の「身体に良いと思われる何か」をやってしまうことです。しかもこっそりと。

それをちゃんと伝えてもらえれば、それをどのように組み込むかを相談できますし、悪化した時には一度中断して原因を特定するなどができますが、こっそりとやっている人には何をやったか聞き出さないといけません。
その時間がまずもったいないですし、しかも自分は良いと思ってやっているので、悪化した原因だと思いもせず、隠す意図なくしゃべらない人もいますが、これを「知られたらまずい」と思っている人は、聞き出すのを失敗したら、もう2度と連絡が取れなくなります。
何が身体に良いのかを自分だけで判断しないことです。それが本当に自分だけでわかるのなら、自分の身体は自分で解決できるでしょう。

トレーニングの限界

トレーニングのみで痛みを取りに行くと、8割方の痛みは速やかに解決します。しかし、あと2割くらいが消えては戻り、あるいはなかなか消えず、場合によっては突然別のところに痛みが出るといった事になる場合があります。
開発者の施術動画を見ると、多くの時間をマッサージに使っています。実はここにもヒントがありました。
トレーニングのみでは取れない問題が実際に存在するのです。
トレーニングで変化が出なくなった人の、関節の感覚を司るセンサーにアプローチしたところ、「痛みが溶けるように消えた」と言われたことがありました。
関節を安定させるのは、筋力バランスの問題だけではありません。他の問題が残っている人の場合は、当然トレーニングでは効果が出なくなります。
もちろん、トレーニングのチェックでも痛みのない身体から問題を見付けられることもあります。しかし、問題が癒着や感覚の問題、内臓からの影響であればどうしようもありません。

これが残っている状態で、「自分で解決できる」という自信を持たせてしまったら、何が起きるか想像してください。

結局騙してないか?

少ない回数で改善が期待できる→改善はできるけど、痛みが取れるのに10回位はかかるよね
セルフケアで痛みのない生活を→身体が変化すると必要になる運動変わるから、続けてないとそもそも無理
しかも、筋力以外の問題が残っている場合、確実に再発するし、セルフケアでは治しようがないから(まあ、当時は私でもそれ以上は症状変えられませんでしたし、そもそも問題特定できませんでしたが)どうにもならない

こういった現実が有ったことに改めて直面しました

あらためて、痛みがなくなることが治ったというわけではない

痛みがなくなることが大きな目的で有ることは間違いありませんが、私の高校時代の例にもあるように、そこで治ったと思っていると、後にもっとひどいことにもなりかねません。
しかも、高校生の身体と、老化が始まっている成人の身体との違いも考慮してみてください。

本当に身体を治すことを考えると、メンテナンスを自分ひとりで行うのはほぼ不可能です。
スポーツの一流選手でさえ、コーチが付いていることを考えてください。たとえコーチの実績が選手より低くとも、コーチが存在することには価値があるのです(もちろん、良いコーチを選ぶ重要性は無視できませんが)。

関節強化塾は続きます

神経整体専門部署は作りましたが、関節強化塾のメニューは残っています。
技術指導やセルフケアをできるようになりたい場合は今まで同様にお受け致します。

ただし、初回割引などは適用されませんのでご注意ください。

シェアするShare

ブログ一覧